不眠症の種類

近年、多くの人が悩まされる不眠症ですが、実は一言に不眠症と言っても種類があります。不眠症の中でも一般的と言われるのが、入眠障害です。これは入眠時に障害があり、寝つきが悪い状態のことを指します。具体的には、床に就いてから30分~1時間以上に渡って眠れない状態が続くと入眠障害とされます。

寝つきが悪い、という状態よりもさらにその症状が酷い人が入眠障害と言われますが、一度眠りに就くと朝までぐっすり眠ることが出来るのも特徴とされます。次に、熟眠障害があります。これは、眠ることが出来ても熟睡することが出来ない状態のことです。浅い眠りが続くので、起きた際にもぐっすり眠れたような気分になれず疲れがなかなか取れない、といった点が特徴です。また、頭がなかなか覚醒出来ず、起きてもぼーっとしがちなのもこの熟眠障害です。

中途覚醒も不眠症の種類のひとつです。これは、寝ている最中に何度も目が覚めてしまう状態のことを表し、夜中に二度以上目が覚めてしまう場合には中途覚醒とされます。目が覚めてもすぐに寝付けないタイプの人と、すぐにまた眠れるタイプの人がいます。そのため、入眠障害と併発する場合もあります。他にも、早期覚醒があります。これは、寝つきは良いものの実際に起きる時間よりも早く目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ないというタイプの不眠症です。

体は眠りたいと感じていても、交感神経が作用し目が冴えてしまう、という状態になるのが特徴で、うつ病の人によく見られる症状とも言えます。このように、不眠症には様々な種類があります。睡眠は生きていくためには必要不可欠なものです。そのため、出来るだけよりよい環境をつくり、眠るようにしましょう。この不眠症が続くことによって心身のバランスが崩れ、病気になりやすくなったり、さらに悪影響を及ぼす場合があります。不眠症になる原因にも様々ありますが、自分の生活を見直すことでその原因を知り、改善していく必要があります。