不眠症がいけない理由

近年では様々な病気が存在し、また多くの人が様々な病気に悩まされています。特に睡眠障害に関する病気に悩まされている方は大変多く、また不眠症は多くの病気に直結する重要な症状として有名です。不眠症の原因は様々で、精神的な問題が不眠症を引き起こしているケースもあります。しかし現代人は労働時間が大変長く、睡眠時間を削らなければならない方が大変多くなっています。

睡眠時間を削る事によって睡眠の質が低下し、最悪の場合不眠症に陥ってしまうケースが続出しています。不眠症を予防する為には様々な方法が存在します。まず寝具を変える事で睡眠の質をより良いものにする事が可能です。寝具選びは大変重要で枕があっていなかったりすると睡眠の質を損ねてしまいます。自分にあった寝具選びをする事で十分な睡眠をとる事ができるようになるのです。次に規則正しい生活をおくる事で睡眠の質を向上させることができます。

規則正しい生活の理想的なスケジュールとして朝、昼、夜ときちんと決まった時間に食事をおこない、夜22時頃に就寝し朝6時頃に起床するなどのスケジュールがもっとも睡眠の質を向上させるとされています。また疲労や臓器などの回復を促す効果が高いとされている時間が夜22時から深夜4時事までの時間とされています。不眠症は放置しておくと大変重大な病気や事故を引き起こすので迅速な治療が必要になります。また睡眠をきちんととっていないと寿命を縮めてしまう事がわかっています。

特に6時間以下の睡眠時間の人は7時間以上睡眠時間をとっている人に比べ平均寿命が短い事がわかっています。最近はうつ病を発症している人が大変多くなっており、うつ病によって不眠症を患ってしまっている方がたくさんいらっしゃいます。その為不眠症は大変多くの人が悩んでいる症状の1つになっているのです。昔では睡眠薬を処方されていましたが、最近では睡眠薬の安易な処方は危険であると認知されており、カウンセリングなどの方法で治療をおこなうようです。